田原先生の不動産鑑定塾

不動産鑑定士業界では著名な田原拓治先生とお会い出来ました。
相続鑑定団(相続サポートの士業チーム)の
進藤さん(不動産鑑定士)のご紹介で
第43回「田原塾」に参加しました。
場所はホテルオークラガーデンタワー
参加者は、不動産鑑定士のみならず、
弁護士や税理士など30余名。
今回の講義の内容をひとつ..
鑑定評価手法「積算賃料」を算出する際の「基礎価格」は
①「借地権付建物」(土地の所有者と建物所有者が異なる)の場合の賃料と、
②「所有権の建物」(土地の所有者が建物も所有)の場合の賃料とありますが、
 
対象不動産が、①「借地権建物」である場合に、
基礎価格について、借地権価格を採用するのか、所有権の更地価格を基礎とするのか、
という点。
答えは、
「借地権付建物であっても、所有権の更地を採用します。」
これは賃貸事例を収集すると、明らかに借地権建物か所有権建物かで、賃料に差はありません。
このことが裏付け理由です。
田原先生は正論を現場で起こる経済事象を基に実証的かつ理論的に説明されるため。
説得力は非常に高いです。
国交省などが判断できなかったものもいくつも正論を発表されています。
私の取り扱った案件
(島根県ゴルフ場のクラブハウスの鑑定評価に関する判決と鑑定書の問題点)
についてもご存知でした。
大学の客員教授となられたため、今後は「学説」として、発表されることとなります。
鑑定業界の信用性の向上や業界発展のためにも、
歯に衣着せぬ情報発進を
つづけて頂きたいと思います。



事業承継や相続対策の不安がある経営者の 日々の資金繰りの心配を解消する救世主!不動産ドクター365日メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事