介護不安よさらば! 家族の介護力をサポートする「リバースモーゲージ」

 

ご存知ですか?介護殺人が2週間に1件起きていることを。

 

厚生労働省の調査によると、「65才以上の被介護者が、過去10年で親族により250人も殺された(調査期間:2006~2015年)」という衝撃的なデータがあります。

警察庁によると、主な犯行動機は「介護・看病疲れ」で、『夫が妻を』『息子が親を』という例が多いそうです。

 

さらに、介護の問題は同居している家族の仕事にも影響を与えます。

介護を原因とする離職がどのくらいか、ご存知でしょうか?

年間約10万人で、そのうち女性が8割も占めます。(総務省の調査:平成23年10月~24年9月・介護・看護のために離職した人は10.1万人)。時間的、精神的、体力的な原因で退職する人だけでなく、介護で職場に迷惑をかけることに申し訳なさを感じて退職してしまうケースも多いようです。仕事を失えば経済的・精神的な基盤を失うことになります。

国の対応はどうなっているのでしょうか?

 

今回は、リバースモーゲージが介護費用などの経済面をサポートする可能性についてお話しします。

 

◆Ⅰ◆国や社会が守ってくれるしくみは?

厚生労働省は、団塊の世代が75才以上になる2025年を目途に「住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体に提供される地域包括ケアシステムの構築」を目指しています。

つまり、高齢者は住み慣れた自宅で最後まで生活を継続させることを推進しています。

この方針に従い、病院のベッド数は減っています。病院の治療が終われば、入院させないで自宅で療養させる方向なのです。

 

では、介護の現場はどうなっているのでしょうか。

通常、誰かが介護が必要となる場合、その家族が最初に相談するのは市区町村です。

そして「介護認定」(介護度の低い順位に「支援1・2、介護1・2・3・4・5のいずれか)の手続きをしてもらいます。

この介護度に応じて介護保険の利用限度額が決まります。

介護度が高ければ高いほど、高額な介護サービスが利用できます。

 

◆Ⅱ◆在宅介護に必要な費用は?

病院では入院させてくれない仕組みとなっている国の方針などもあり、なるべく在宅で介護をする必要がありますが、家族の介護力を補助するのが「在宅介護サービス」です。

在宅介護サービスの月額利用限度額は、介護度別に「支援1:4.97万円、支援2:10.4万円、介護1:16.5万円、介護2:19.4万円、介護3:26.7万円、介護4:30.6万円、介護5:35.8万円」です。どの介護度でも本人の自己負担額は1割です。

 

 

◆Ⅲ◆「施設介護」を考える

それでは、「在宅介護」ですべて解決するのでしょうか?

答えは『NO』です。

在宅介護の場合、家族の労力の負担が非常に大きくなるため、上述の通り、介護殺人や介護離職などの問題があります。

そこで家族内部ではなく、外部の「施設の利用」を検討するということになります〈表1〉。

外部の施設によれば、介護殺人や介護離職などの問題は避けられるでしょう。

ですから、経済的に許されるならば、施設による介護の可能性も検討すべきかと思います。もちろん、介護施設の選択は慎重に行うことが重要ですよね。

 

<表1>在宅介護と施設介護のメリット・デメリット

  在宅介護 施設介護
メリット 経済的負担少ない 家族の精神的・肉体的な負担は少ない
デメリット 家族の精神的・肉体的な負担が大きい

経済的負担が大きい

→〈表2〉参照

 

◆Ⅳ◆在宅介護と施設介護の費用の比較

在宅介護費用の場合の居宅介護サービスの利用料は、平均7万円です。

内訳は、居宅介護サービスの利用が3.7万円(自己負担1割を含む)、それ以外で3.2万円。

ただし、水光熱費、食費がこのほかにかかります。

それでは、施設による介護の費用はどうでしょうか?表にまとめてみました。

高齢者施設は、公的なものとして「特別養護老人ホーム(「トクヨウ」と呼ばれます)、介護老人保健施設(「ロウケン」と呼ばれます)などがあります。利用料が安いため、空きがなく入居待ちとなっている状況です。

一方、民間では、有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者住宅などがあります。利用料などは下表のとおりで、月額10~35万円となっています。

 

<表2>施設の介護費用比較

区分

名称

入居金

月額費用

特徴

公的な施設

特別養護老人ホーム(トクヨウ)

なし

安い

自治体が整備。

53.8万床に52万人が入居待ち。

介護老人保健施設

(ロウケン)

なし

安い

自治体が整備。

満床が多い。

入居期間3ヵ月。

介護療養病床

(病院)

なし

治療内容による

国は廃止の方針

民間施設

有料老人ホーム

0~3000万円

15~35万円

介護付き/住宅型/

健康型の3種。

グループホーム

0~50万円

12~15万円

認知症専用の施設

サービス付高齢者住宅

敷金

10~20万円

高齢者用の賃貸住宅

 

◆Ⅴ◆どんな流れになりそうなのか?

親族による介護の負担を考慮すれば、安い高齢者施設つまり「トクヨウ」や「ロウケン」を利用することが一番のようです。

しかし、空きがないために「自宅で療養しながら空くのを待つ」ということになります。

また、民間の介護施設も視野に入れて、評判のよい施設の空きがあれば選択するというのが、次善策になりそうです。

 

 

◆Ⅵ◆リバースモーゲージによる解決策

いずれにしましても介護費用をつくる方法として、リバースモーゲージの検討をお勧めします。

介護の費用のために利用するポイントとしては、

 

①自宅を担保に、介護費用を目的とした融資を受ける

②死亡したら自宅を売却してローンを返済する

という2点です。

 

①の融資についてですが、

自宅の土地の価格の半額程度が融資されます。

おおむね、土地の時価が1000万円以上あれば可能となります。

 

②についてですが、

懸念されるのは、死亡時に、介護者が同居していれば、住む場所を失うという問題です。

ですから、介護者は別の自宅があるとか、経済的に自立している必要があります。

この点はローン取組みの審査の際にチェックされる項目です。

 

◆Ⅶ◆我が家も使えるの?リバースモーゲージの可能性

総務省の公表(平成26年全国消費実態調査)によると、70才以上の1世帯当たりの資産状況は、平均値4759万円(うち宅地などが2380万円、貯金現預金などが2059万円)となっています。債務はほとんどゼロ。

つまり高齢であるため、住ローンなどの借金もほとんどないわけですね。

リバースモーゲージを使うには、自宅の土地の値段がおよそ1000万円あれば可能です。

また、都心であればマンションも利用可能な場合があります。

都内に住む高齢者の多くはこの程度の資産を所有していると思われます。

ですから、

平均的な高齢者であればリバースモーゲージを利用できる可能性は十分にある』

ということになります。

 

◆Ⅷ◆リバースモーゲージの利用例

例えば、自宅の土地の時価が2000万円の場合の「リバースモーゲージ」活用を説明します。

 

資金の目的は、介護施設を利用する資金です。入居金でも毎月の費用でもよいです。

土地の値段の半額1000万円を借入できるので、100万円を10回わけて借りてもよいし、全額1000万円借りてもOKです。金利は3%程度。満額1000万借りた場合は、毎月2.5万円支払えばよいのです。

お亡くなりになった場合には半年以内にご自宅を売却して、リバースモーゲージの借入分を全額返済することになります。

なお、自宅から介護施設に住み替えることによって、自宅が空き家になるという問題があります。この場合は、空き家を賃貸して家賃収入を得ることも可能です。

さらに、介護施設に住替えていれば、自宅を売却してリバースモーゲージを返済してしまうことも基本的には問題ありません。

 

◆Ⅸ◆最後に

介護費用に関するお金の問題は、全ての家族に起こりうる現代家族にとって典型的な問題です。

特に、お金と不動産や相続などが絡む問題でもあり、これらを解決してくれる専門家はなかなか見当たりません。

家族の負担が、殺人や失業を引き起こしてしまわないように、早めの対策や情報を知っておくことが重要です。

私は元銀行マンの不動産鑑定士ですが、少しでも皆様のお役に立てたらと思い、今後も情報発信やアドバイスをさせて頂きたいと思う次第です。

事業承継や相続対策の不安がある経営者の 日々の資金繰りの心配を解消する救世主!不動産ドクター365日メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事