【ショック住宅ローンは、老後破産の始まり?】

結婚して、2人のマイホームを持つことは、典型的なサラリーマンの夢でした。

賃貸住宅を卒業し、新居を買うことは、確かにステータスといえます。 
しかし、大問題があるのです。
住宅を持つことがリスクになるって、ご存知でしょうか?
最近は、晩婚化や非婚化が進み、結婚する年齢も上がっています。会社も非正規雇用が一般的になり、退職金も期待出来ない。
借りに住宅ローンを組むと、60歳で退職しても退職金ではローンを完済出来ない。老後破産の始まりです。

だいたい、結婚して、自宅を買うのは、子供部屋が小学生で必要になったあたりから15年間ぐらいです。

老後夫婦には広すぎる家とローンと家計の赤字が悩みになります。
体が弱り、施設に入るとなると、入居保証金を作るために自宅を売ってしまう方も後を絶ちません。
家なんか買わなきゃ良かった、なんて思ってしまいます。

でも安心してください。

リバースモーゲージという金融商品を使って、資金をつくり、住宅ローンを無くし、老後の生活資金を作る方法があるのです。

住宅ローンの資金負担が軽くなるモデルを
、次回、公開したいと思います。
【毎月15万円のローン返済をどうしたら12万円以上も減らせるのか?】


私は昨年30本以上のセミナーを開催しましたが、リバースモーゲージは、その半分以上のセミナーで解説しています。
相続対策にもなる、意外な秘策も公開しています。

今年も、皆さんにセミナー会場にてお会い出来るのを楽しみにしています。




事業承継や相続対策の不安がある経営者の 日々の資金繰りの心配を解消する救世主!不動産ドクター365日メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事